生協くまもと

よくある質問・お問い合わせ

資料請求・加入申込はこちら

  • ホーム
  •  > 組合員活動 - 組合員活動とは

文字サイズ

組合員活動とは

毎日の生活の中での「知りたい」「やってみたい」をカタチにするのが組合員活動です。組合員の自主性を大切にし、その組合員力を結集した元気な活動を推進します。くらしや地域をより豊かにするための活動を通じ、「組合員の笑顔と満足」のあるくらしをめざします。

●目的は・・・

「いろいろな場面で、さまざまな形で組合員の参加や関わりをふやすこと」です。

●めざすものは・・・

「組合員の笑顔と満足」です。どのような活動ならみんなが笑顔になり、満足できるでしょうか?

●みんなでやることは・・・

生協をベースに自主的にいきいきと活動できる環境を整えましょう!組合員の誰もが気軽に身近で楽しく参加できる環境を整えましょう!組合員の声を活かし組合員参加で生まれたひとの結びつきを持続的な地域づくりにつなげましょう!

【活動を推進する運営のしくみ】

1.全体(県下全域組合員対象)
(1)地域・店舗コーディネーターとエリア会議

共同購入の支所(エリア)・店舗単位ごとに配置した2~4名の地域コーディネーターが、組合員に向けた楽しくておいしくてためになる企画を考え実施していきます。エリアの支所長・店長とともに毎月エリア会議をもうけ、実施に向けた調整を行います。

(2)組活推進委員と推進委員会議

組活推進委員は、理事会方針に沿った組合員活動の課題を具体化し、活動を統括・推進する活動リーダーとして、推進委員会議を開きます。
また、コーディネーター会議を定期的に開催し、テーマ活動の発信や地域・店舗活動の支援を行います。

2.家庭会(水俣・津奈木地区の店舗組合員対象)
(1)運営委員と運営委員会

水俣・津奈木地区の店舗組合員を対象とした各地区の家庭会を全体統括します。毎月運営委員会を開催し、家庭会活動の企画を立案し実施します。

(2)地区委員と地区委員会

各地区の家庭会を代表し、各地区の家庭会会員の声を生協の事業運営に活かす役割を担います。毎月開催される地区委員・運営委員・常勤役職員からなる地区委員会に出席し、家庭会会員の声を届けます。また、各種研修やコープ商品などの試食会にも参加します。

(3)地区懇談会

年に1回、家庭会各地区を常勤役職員が訪問し、家庭会会員に生協の取り組みや事業運営について報告します。また、会員から直に生協に対するご意見・ご要望をお聞きし、生協の事業運営に活かします。
家庭会※水俣・津奈木地区の店舗組合員対象